読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お刺身食べたい

肉も食べたい

因果関係

 

 

幼いころは運命なんてロマンティックな言葉を信じていたけれども、二十歳も過ぎると全ての物事には因果関係があるのだということを思うようになった。

 

気付けば夢見るそこら辺の少女に

 

お姫様が白馬の王子様に出会うのは、家が近くてかつお姫様がとびきりの美人だからだろうよ。

 

とまで言う始末になってしまった。

 

 

だからきっと最近マーベルツムツムのスコアが思うように伸びないことにも原因があるはずだ。

単に腕が鈍ったからだろうか、それともスマホが急ぎ行く世界についてこられないだけなのだろうか、それともあのビッチに心を惑わされているからだろうか...

 

 

そうだそれだ。ぼかあ今人生で初めてビッチの方に心を乱されている。

最初は気付かなかったけれど、なるほど言われてみれば性欲の強そうな顔をしているじゃないか。

 

きっとツムツムのスコアが伸びないのも、年賀状の宛名の字が間違って届くのも、夏が暑いのも、そして世界中の子供たちの悲しみが消えないのも彼女の所為なのだろう。

 

この世の全ての人々を不幸にしようと企むプリキュアの敵たちもびっくりの純度100%の悪。

この世の悪をかき集めて、まずはザルで、次に清潔な布巾でこしたものをさらに煮沸し隠し味に雨どいにたまっている砂利を含んだ水を加えたような悪だ。

これをパスタと和えてオーバーサイズの真っ白な皿に盛ってパセリとかを散らせばギャルはこぞってインスタに写真をアップするだろうな。

 

 そうだ、今はこじゃれた古民家カフェのオーナーいちおしメニューを考えている場合ではない。

(※オーナー情報 32歳男性 独身 アゴ髭の似合うワイルド系)

 

大切なのはそう、彼女は純粋な悪にさらにあさりのお味噌汁を飲んでいるときに砂利を噛んでしまった時の不愉快さをも兼ね備えているという点である。

その邪悪さは例えるならばそう、あさりのお味噌汁を飲んでいるときに砂利を噛んでしまった時の不愉快感そのものである。

 

プリキュアの敵の皆さんも目指すべきは悪の大魔王なんかじゃなくてあのビッチだ。

 

 

この世の悪の全て、それがビッチ。

悪という概念そのものがビッチなのだ。

 

もう因果関係の話なんてなんでもいい。

ビッチは怖いんだ。

小学生の時一人で見た世にも奇妙な物語のホラー系の物語ぐらい怖いんだ。

 

 

自分だってその恐怖に打ち勝つ術を探している最中だけど、ただこれだけはアドバイスできる。

ツムツムのスコアを伸ばしたいなら関わるのを控えたほうがいい。

きっとちゃんと統計を取ればビッチと関わっていない人のほうがツムツムのスコアはいいと思う。

 

 

ああもう寝よう。

早く寝ないとビッチにとって食われるから...

そして書くことももう浮かばないから...

もう、そんな喋ったことない子と部活とかの事務連絡のついでに軽く世間話をしてしまった時ぐらい話のネタがないんだ...

 

なんてブログだ...

きっと五日後ぐらいに見返して恥ずかしくなって胸のあたりがきゅっとするんだろうな...

 

目が覚めたらビッチのいない平和な世界になっていますように...